インドア派によるインドア派のためのブログ。 インドア趣味全般(アニメ、ゲーム、読書etc)についてを 紹介・レビューしてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GOSICK―ゴシック GOSICK〈2〉ゴシック・その罪は名もなき GOSICK〈3〉ゴシック・青い薔薇の下で GOSICK (4) ゴシック・愚者を代弁せよ 富士見ミステリー文庫
GOSICK―ゴシック
GOSICK〈2〉ゴシック・その罪は名もなき
GOSICK〈3〉ゴシック・青い薔薇の下で
GOSICK〈4〉ゴシック・愚者を代弁せよ
◆内容◆
 聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女―ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を―。その少女は語るのだ。パイプをくゆらせながら。「混沌の欠片を再構成しよう」そして、たちどころにそのどんな謎をも暴く…いや、〈言語化〉してしまうのだ…という。西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。囚われの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現われる呪われた船の謎に挑む。白と黒の物語の幕が今、開きます。(第1巻より)

◆感想◆
 桜庭一樹が好きだと言いながら今まで読んでいなかった著者の代表作。とりあえず4巻まで読んでみました。いやぁやっぱり面白い!1巻2巻と話しが進む毎に新たな展開、新たな真実、新たな関係性が展開していき、マンネリ化を全く感じさせずに読める。この高レベルな魅力溢れる小説をシリーズ通して維持できているのはお見事です。キャラクターも良い味を出していて、それを綺麗なキャラ絵が増幅させている。やっぱり桜庭一樹様最高っす。外伝も通して全話コンプリートするのは決定です!また、何冊か読んだらレビューします。

辛口評価(/10)
著者のあとがきがまた面白いんです。おすすめです!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://indoa.blog59.fc2.com/tb.php/91-fcd74ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
キャラクターキャラクターは、小説、漫画、映画、アニメ、コンピューターゲームなどのフィクションに登場する人物や動物など、あるいはそれら登場人物の性格や性質のこと。人間や動物のような生物や、生物を模したロボットに限らず、さまざまな道具、時には生物の器官、星や
2007/07/28(土) 06:11:19 | 小説耽読倶楽部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。