インドア派によるインドア派のためのブログ。 インドア趣味全般(アニメ、ゲーム、読書etc)についてを 紹介・レビューしてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハサミ男ハサミ男
著者 : 殊能将之
◆内容◆
 美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。「ハサミ男」は調査をはじめる。精緻にして大胆な長編ミステリの傑作。
 ◆感想◆
 映画化したという話しですが(見てないけど)一体どうやって映像化したのだろうか……。この疑問は追及すると激しくネタバレになるので置いといて――。
 この小説には最高級のドンデン返しが待っています。私自身、ミステリは特に好きというわけではない点、さらにこの『ハサミ男』という題名の魅力の無さから読まないでいたのですが、非常に勿体無かったです。これほどのドンデン返しはそうそう体験できるものでは無い!必見です。
 後に読んだ歌野昌午『葉桜の季節に君を想うということ』におけるドンデン返しも一級品ですが、この作品と比べるとどうしても見劣りしてしまいます。歌野昌午さんの作品はいかんせん題名が素晴らしいだけに期待ばかりしてしまうのですが、私にはどうも合わないのかも……。

辛口評価(/10)

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://indoa.blog59.fc2.com/tb.php/23-f006d0da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック