インドア派によるインドア派のためのブログ。 インドア趣味全般(アニメ、ゲーム、読書etc)についてを 紹介・レビューしてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
憂鬱アンドロイド 電撃文庫憂鬱アンドロイド
著者 : 真嶋磨言
◆内容◆
「ぼくは、アンドロイド。完全防水加工の、水陸両用なのさ」自分をアンドロイドだと信じ切っている少年・小田桐正機。「君は正真正銘、決定的に、もう言い逃れできないくらい―人間、なんだよ」純真だが変人と呼ばれる正機を愛する少女・桜野茜。ちぐはぐな想いを抱えながらも、ただそこにある現実を追い求める二人を巡って様々な人間模様が交錯する。「わたしが憂鬱なのはきっと―」アンドロイドになりきれない少年と、人間の気持ちを見つけられない人間たちの、憂鬱で純粋な愛の物語。
◆感想◆
 ブックオフで100円だったので題名に惹かれて買ってみた。詩的な文章がそこかしこに散りばめられていて、独特な雰囲気を出しているのですが、危機迫る場面や盛り上がる場面を詩的に書かれてしまうと、少し感情移入しにくいように感じた。
 自分がアンドロイドだと信じて疑わない主人公という設定などは良いと思いましたが、それについての原因と結果、主人公の行き着く先、成長過程もろもろが描かれておらず、消化不良気味でした。

辛口評価(/10)

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
スポンサーサイト
付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います
著者 : 御堂彰彦
◆内容◆
 この世界には『アンティーク』と呼ばれる物がある。年代物の骨董品や古美術品のことではない。幸運を呼ぶ石、未来の姿が映る鏡など、不思議な力が宿った器物を指す。世の中は広いもので、そんな怪しい物を扱う店があったりする。付喪堂骨董店~FAKE~。だが、名前の通り扱っているのはそれの偽物ばかり。無愛想な少女が不気味な品ばかり勧めるので閑古鳥が鳴いている胡散臭い店なのだ。でも、ごくまれに本物が舞い込んでくるから面白い。では、そんな変わった品を手にしてしまった人たちのことを、これからお話しよう。
◆感想◆
 不思議な力を持つアンティークのお話しですが、その不思議な力というのが初っ端から『偶然を無理矢理引き起こす力』を持つ物という、無茶なというか、そんなのあり!?なアンティーク。一章ごとに違うアンティークのお話しで、それゆえに短編集的な感じになっている。それが良い一面もあるが、個人的には一章一章があっさりし過ぎている気がして、若干の物足りなさが否めない。もう少しその後談とかがもう少し欲しい……。
 ストーリー的には全体的に良好。ヒロインは結構可愛く、その魅力が最大限に活かされている最終章が結果的に一番楽しめた。

辛口評価(/10)

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
kamisu0.jpgkamisu1.jpg神栖麗奈は此処にいる
神栖麗奈は此処に散る
著者 : 御影瑛路
◆内容◆
 彼女は、「わたし」の親友。彼女は、「僕」の家族を殺した憎い仇。彼女は、「わたし」の仲間。人型エネルギーを消すため…世界の危機を救うために一緒に戦う仲間。彼女は、「僕」の…彼女は、いつもおかしいくらい美しい微笑みを浮かべている。彼女は、「あなた」にとっての、何…。
◆感想◆
 結構楽しめました。雰囲気はブギーポップ。自殺を主軸に捉えた作品なので、ダウナー系の描写が所々見られます。ストーリー構成が考えられていて、“神栖麗奈”という存在は何なのか…謎が謎を呼ぶ展開で、伏線も多く仕掛けられている。一種のミステリ的要素もあり、神栖麗奈という謎の存在を、決して謎のまま放置していない点が良かった。(といっても100%理解できるようには描かれてはいませんが……。)
 キャラの描き方も上手く、自殺に至るまでの心理描写も惹きつけられる物がある。特に後編である『~此処に散る』では一層キャラが魅力的に感じました。(この後編を蛇足という批評もありますが自分はこちらの方が好きでした。)
 物語的にはかなり面白いんですけど、ただひとつだけ難点を言えば、救いが自殺という点が倫理的にどうかと思う点です。そこだけがどうしても引っかかってしまう。自殺へと向かう登場人物が一人称で語るストーリーだけに、仕方ないことなんですけどね……。

辛口評価(/10)
買う時は2冊同時がいいです。

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
20060413163045.jpg
絶対だめ!!

こんな画像見つけまして、すぐさま思い出したこの作品。

コインロッカー・ベイビーズ (上) コインロッカー・ベイビーズ (下)コインロッカー・ベイビーズ (上)
コインロッカー・ベイビーズ (下)
著者 : 村上龍
◆内容◆
 コインロッカーを胎内としてこの世に生まれ出たキクとハシ。罪の子ふたりの心に渦まく愛と憎悪。廃墟と化した東京の上空に、華やかなステージに、そして南海の暗い海底に強烈な破壊のエネルギーがほとばしる。巨大な鰐を飼う美少女アネモネの願いは?
◆感想◆
 村上龍さんの作品はこれしか読んでませんが、怒涛の描写によって圧倒された。世界観、ドロドロとした雰囲気、あるいは匂いまで伝わってくるのではないかと思わせる程の描写力でした。
ただ、キャラ、ストーリーはいまいちだった気がします。コインロッカーから生まれたという奇抜な設定は良いんですけど、その設定にストーリーが追いついていないというか、複雑過ぎて何が言いたいのかが見えてこなかったです。

辛口評価(/10)
ごちゃごちゃしたカオス的小説でした。ただ雰囲気は圧倒的。

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
童話物語〈上〉大きなお話の始まり童話物語〈下〉大きなお話の終わり童話物語〈上〉大きなお話の始まり
童話物語〈下〉大きなお話の終わり
著者 : 向山 貴彦
◆内容◆
 世界は滅びるべきなのか?その恐るべき問いの答えを得るために、妖精フィツは地上へとやってきた。最初に出会ったひとりの人間を九日間観察して判断することがフィツの使命。しかし、フィツがたまたま出会ったのは極めて性格の悪い少女ペチカだった…。
◆感想◆
 色んなサイトで絶賛を浴びているこの作品。読んでみたら若干拍子抜け。期待しすぎたせいでしょうか……。世界観はファンタジー性高くて好きなのですが、「感動」を期待していたのに涙は一向に流れず。
 苛められ不幸な境遇にある主人公のペチカ。そこでの可哀想という感動は確かにあるのですが、そこで主人公に感情移入できないとそれまで。ペチカの性格はかなり捻じ曲がってるので、なかなか感情移入できませんでした。対象年齢低めと思われます。

辛口評価(/10)
世界名作劇場が好きな人なら楽しめそうな一冊。

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪ ← にほんブログ村、最近鯖不安定ですね
阿修羅ガール『阿修羅ガール』 : 舞城王太郎
◆内容◆
恋するアイコがガーリッシュに悩んでる間も世界は大混乱!殺人鬼はグルグルだし子供は街で大爆発!魔界天界巻き込んで、怒涛の傑作、今ここに降臨。
◆感想◆
 舞城氏の作品は結構好物ですが、この作品は私的には微妙でした。前半は良かったんですけど、後半になるにつれてドンドン世界観が逝っちゃってる。幻想とか妄想とかもそうですが、分けのわからない世界観というのは読んでいて嫌になってくるのが正直な感想。実際途中から流し読みしました;
 ただ!この小説を紹介したのは他でもなく、その冒頭部分、書き出しがこの上なく優れているからです。

 減るもんじゃねーだろとか言われたのでとりあえずやってみたらちゃんと減った。わたしの自尊心。
 返せ


辛口評価(/10)
書き出し部門1位かも。こんな書き出しされたら読みたくなるよ!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪ ← 覚えたて
「世界の終わり」という言葉が大好きです(オイ

世の中には“世界の終わり”を扱ったものが氾濫していますが
今日はそれらの中から何個か挙げてみたいと思います。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉
著者:村上春樹
~内容~
 高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、〔世界の終り〕。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する〔ハードボイルド・ワンダーランド〕。静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。
~感想~
 村上春樹は以前に『ノルウェイの森』読んで好きになりましたが、どうもこの『世界の(ry』はいまいち私には合いませんでした。2つの物語りはそれぞれ魅力的なのですが、どうもその2つの絡み合いが微妙で……。
辛口評価(/10)

世界の終わり、あるいは始まり世界の終わり、あるいは始まり
著者:歌野昌吾
~内容~
東京近郊で連続する誘拐殺人事件。被害者たちの父親の名刺がすべて、なぜか私の子供の部屋にある。そのとき父親がとった行動は?衝撃の長編サスペンス!
~感想~
何を隠そう初めてカバー買いした小説。だってかっこいいんだもん><
読んだ感想としては「こんなのあり?いやなしだろ……」でした。
結末がとんでもない事なってて、書評サイトにおいてこれほど賛否両論ある小説も珍しいんじゃないでしょうか。
辛口評価(/10)
とりあえずカバーがカコイイから全て許せる(オイ

さて。今日は2冊紹介しましたが“世界の終わり”関連でこれははずせないでしょう!

           終わる世界
                   EPISODE:25 Do you love me?

 さてこれだけでピーンと来た方。貴方はインドア派レベル14です。
そう、エヴァだね^^
ってことで第弐拾五話より名セリフを何個かw

シンジ:そうだよ。いいことじゃないか。とってもいい事じゃないか。そうすればみんなが誉めてくれる。大事にしてくれるんだ。

レイ:それはあなたも同じでしょ。

アスカ:だから一人で生きるの。でもイヤのなの。辛いの!一人はイヤ。一人はイヤ。一人はイヤ!

シンジ:現実って何だ?
レイ :あなたの世界よ。
マコト:時間と空間と他人と共にある、君自身の世界のことさ。
シゲル:君がどう受け止め、どう認めるかは、君自身が決める世界だ。
マヤ :今はただ与えられるだけの、あなたの世界なのよ。
       それが現実
ミサト:どうしょうもないあなたの世界なの。
シンジ:もう全て決まり切っている世界だろ。
リツコ:違うわ。あなたが決めている世界なのよ。
コウゾウ:君の心がそうだと決めている世界だ。

アスカ:この形も終局の中の一つ。
ミサト: あなた自身が導いた、この世の終わりなのよ

辛口評価(10/10)

やっぱり、世界の終わりものはいいですね("▽"*)
「神はサイコロを振らない」 byアインシュタイン
「神は死んだ」 byニーチェ
「さ、さようなら神様…死なないでください」 byミスターポポ

という事で(どういう事?)麻耶雄嵩 『神様ゲーム』です。

神様ゲーム (ミステリーランド)神様ゲーム
著者 : 麻耶雄嵩
◆内容◆
 小学4年生の芳雄の住む神降市で連続猫殺害事件が発生。同級生と結成した探偵団で犯人捜しをはじめた芳雄は、死体を発見する。猫殺し犯がついに殺人を? 芳雄は「神様」に真実を教えてほしいと頼むのだが…。
◆感想◆
児童書です。けれど内容は決して児童向けではありません。
むしろ健全な児童が読むとかなりまずい内容です(-"-;A
なんせストーリーのえげつない事えげつない事……。
主人公と「神様」との会話は読んでいてとても楽しめます。ジャンルはミステリーと言うことで、並々ならぬどんでん返しっぷりもあります。

辛口評価(/10)
ただ、どんでん返ししたまま、放ったらかしなのが賛否両論あるようです。

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
神様ゲームといえば、
宮崎柊羽 『神様ゲーム』 シリーズも読んでみたいですね。かなり面白いそうです。
あと、桑島由一 『神様家族』ってのも興味深々。これはアニメ化されるみたいなんで、そっち見ようかな('-'*)
~内容~
 今日の小説には暗い世相を描き、人生を否定的にみた作品が多い。時代の実相はその通りかもしれないが、人生の美しさ、人間の善意を大胆に表明した作品があっていいはずで、本書はそういう作品の典型である。登場人物はすべて善人だが、善人とはお人好しではなく自分の理想や信念に忠実な努力家であり、こうした人物の異様な魅力を描き、人生肯定家としての作者の頂点をなす作品。

~感想~
古きを温ねて何とやら。私の読書人生を大きく揺さぶった作品。
この作品はまさに明るく楽しく幸福な小説です。
真理を追い求める“真理先生”と、その生徒が織り成す禅問答にも似た会話の数々。本当に読んでいるこっちまで幸福感に包まれる最高に暖かい作品です。

辛口評価(10/10)
或る人が「先生の考えは実に平凡だ」と言った。すると真理先生はすまして言った。「ありがとう」
世界は密室でできている。―THE WORLD IS MADE OUT OF CLOSED ROOMS (講談社文庫)世界は密室でできている
著者 : 舞城王太郎
◆内容◆
 十五歳の僕と十四歳にして名探偵のルンババは、家も隣の親友同士。中三の修学旅行で東京へ行った僕らは、風変わりな姉妹と知り合った。僕らの冒険はそこから始まる。地元の高校に進学し大学受験―そんな十代の折々に待ち受ける密室殺人事件の数々に、ルンババと僕は立ち向かう。
◆感想◆一つの文章がなが~いその独特な文章から病み付きになった方も多いかと思いますが、実は私もそのひとりです(〃∇〃)
始めは「読みにくい文章だな~」なんて思ったりするかもですが、慣れればもう虜ですよ。その中毒性抜群の文章とストーリーが見事にマッチしてるのがこの『世界は密室でできている』ですね。
他作品もほぼ制覇しましたが、一番のおすすめはこれ!
題名からはミステリー?と思わせますが、実際ミステリちゃいます。
いや、ジャンルはミステリで、内容もミステリなんですけど、この作品の良さは少年達の青春!ヒューマンドラマなんです。

ネタバレはしませんが、主人公の少年が舞城特有の長口上でまくしたてるシーンがあるのですが、そのシーンの素晴らしさはもう鳥肌物です。感動間違い無し!私の読書史上においても最高クラスの名シーンです。

辛口採点(/10)
分野はミステリですが、全ての本好きさんに読んで欲しい一冊。


FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
最大100Mbpsの超高速インターネット

相互リンク+Blog+
Blogパワーでアクセスアップ!

通販の商品検索アラジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。