インドア派によるインドア派のためのブログ。 インドア趣味全般(アニメ、ゲーム、読書etc)についてを 紹介・レビューしてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青年のための読書クラブ青年のための読書クラブ
著者 : 桜庭一樹
◆内容◆
 東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。校内の異端者だけが集う「読書クラブ」には、長きにわたって語り継がれる秘密の〈クラブ誌〉があった。そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、名もない女生徒たちによって脈々と記録され続けていた――。今もっとも注目の奇才が放つ、史上最強にアヴァンギャルドな“桜の園”の100年間。
◆感想◆
 久々に図書館へ行き、以前から読みたかった物を4冊借りました。一般図書自体読むのが久しぶりなのですが、うち2冊はラノベ作家の桜庭一樹さんの作品なので、ラノベと一般図書とのギャップはそれほど無かったです。
 この本、全5章から成り立ち、一章毎に異なる年代のお話しなので、繋がりのある短編集的な感じでした。短編集は好きではないのに加え、ストーリー的にも「これはっ!」と思えるものでは無かったのですが、結局読了してしまうのは著者の作り出す世界観が素晴らしいからでしょう。文章も非常に読みやすく且つ魅力的で、短編集ですらこれほどその世界観に引き込む力を持たせるのは、まさに神業でしょう。

辛口評価(/10)

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
スポンサーサイト
神様のメモ帳 2 (2) (電撃文庫 す 9-5)神様のメモ帳 2
著者 : 杉井光
◆内容◆
 ニート探偵事務所の扉をタイ人の少女が叩く。彼女は2億円を抱えていて父親から身を隠すように言われたというが――。ニートティーン・ストーリー第2弾。
◆感想◆
 切望していた続編がきました!話しは一巻毎に完結していますが、シリーズは続いていく雰囲気がします。喜ばしいことです。
 キャラクターは前作より衰えなく、相変わらずニート探偵アリスの罵詈雑言が冴えまくりです。主人公も相変わらず情けなく、ネガティブ路線まっしぐらな性格。今回はタイ人の少女が騒動の中心人物に設定されているのですが、前作のヒロインよりも魅力的に大分見劣る。主人公との関わりも薄いのに、主人公がどうしてあれだけ苦しみ、命を投げ売っての行動にまで突き動かすのか、その辺がどうも曖昧というか……。
 正直前作よりも質が落ちたように感じました。まぁそれでもアリスの性格やセリフなどは抜群に良いんでシリーズ続くなら間違いなく買っていきます!

辛口評価(/10)

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
GOSICK―ゴシック GOSICK〈2〉ゴシック・その罪は名もなき GOSICK〈3〉ゴシック・青い薔薇の下で GOSICK (4) ゴシック・愚者を代弁せよ 富士見ミステリー文庫
GOSICK―ゴシック
GOSICK〈2〉ゴシック・その罪は名もなき
GOSICK〈3〉ゴシック・青い薔薇の下で
GOSICK〈4〉ゴシック・愚者を代弁せよ
◆内容◆
 聖マルグリット学園の図書館塔の上の上、緑に覆われたその部屋で、妖精のような少女―ヴィクトリカは待っている。自らの退屈を満たしてくれるような、世界の混沌を―。その少女は語るのだ。パイプをくゆらせながら。「混沌の欠片を再構成しよう」そして、たちどころにそのどんな謎をも暴く…いや、〈言語化〉してしまうのだ…という。西欧の小国・ソヴュールに留学した少年・久城一弥。彼はふとしたことから知り合った少女・ヴィクトリカとともに、郊外に住む占い師殺人の謎に挑む。しかし、それはある大きな謎の欠片でしかなかった。囚われの姫と、彼女を護る死に神が、幽霊の現われる呪われた船の謎に挑む。白と黒の物語の幕が今、開きます。(第1巻より)

◆感想◆
 桜庭一樹が好きだと言いながら今まで読んでいなかった著者の代表作。とりあえず4巻まで読んでみました。いやぁやっぱり面白い!1巻2巻と話しが進む毎に新たな展開、新たな真実、新たな関係性が展開していき、マンネリ化を全く感じさせずに読める。この高レベルな魅力溢れる小説をシリーズ通して維持できているのはお見事です。キャラクターも良い味を出していて、それを綺麗なキャラ絵が増幅させている。やっぱり桜庭一樹様最高っす。外伝も通して全話コンプリートするのは決定です!また、何冊か読んだらレビューします。

辛口評価(/10)
著者のあとがきがまた面白いんです。おすすめです!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
神様のメモ帳神様のメモ帳
著者 : 杉井光
◆内容◆
「ただの探偵じゃない。ニート探偵だ。世界を検索し死者の言葉を見つけ出す」
 路地裏に吹き溜まるニートたちを統べるニート探偵アリスはそう言った。
 高校一年の冬に僕と同級生の彩夏を巻き込んだ怪事件、都市を蝕む凶悪ドラッグ《エンジェル・フィックス》――すべての謎は、部屋にひきこもる少女探偵アリスの手によって解体されていく。
「真実はきみの平穏を破壊する可能性がある。それでも知りたいかい?」
 僕の答えに、普段は不真面目なニートたちが事件解決へと動き出す!
 情けなくておかしくて、ほんの少し切ない青春を描くニートティーン・ストーリー。
◆感想◆
 久しぶりの傑作に出会いました!!題名が魅力に乏しい点と、ニートを扱ってる本やらは最近大量に出ていて辟易していたため、あまり期待していなかったですが、まさかこれ程の作品だったとは……。
 キャラクターが個性的で、文章力も申し分無し。登場人物たちの会話は読んでいて思わず笑ってしまう程楽しい。特にニート探偵ことアリスの性格とセリフは秀逸にして魅力的。
 ストーリーも良い出来で、重い内容笑いのバランスがとれていてスイスイと読み進めることが出来ました。途中どうなるかと思いましたが、終わり方も自分的には好みな終わり方で非常に良かったです。
 ただ、全体的に少し盛り上がりに欠けるかもしれません。キャラクターの素晴らしさを引いてしまうと後に残るものが弱いような。まぁそれでも素晴らしい作品には違いなく、個人的にズガーン!とはまった作品でした。超おすすめです!

辛口評価(/10)
シリーズ化を切に願います!!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
侵略する少女と嘘の庭侵略する少女と嘘の庭
著者 : 清水マリコ
◆内容◆
 早川牧生は中学2年生。幼なじみである裕貴、唯、琴美と、惰性のように4人で過ごしていた。ある日牧生は、「運命の相手」を見つけるという占いをさせられる。いるはずのない「運命の相手」を探しに学校の裏庭へと向かうことに。そこにいたのは、校内でも有名な美少女だがクラスに馴染まない不思議な少女・中山りあだった。牧生たちのグループに加わったりあは、牧生を振り回す。仲の良かった4人の関係も、だんだん変化していくが―。
◆感想◆
 通称“キラー悪魔中山”と言われる程性格の悪い中山りあ。それがツンデレレベルなら可愛いのだろうが、通り越してます。人間関係にひびを入れるのが得意なりあは、他人の最もバカにされたくない部分を探して平気で踏みつけていく。
 固い絆で結ばれていたはずの主人公を含む幼馴染4人組みも、りあによって微妙なぎごちなさが生まれていく。そういう人間関係にひびが入っていく様子は、読んでいて結構楽しめたんですが、終盤になると一気に世界観が不思議ワールドに入っていき、幼馴染4人組の人間関係も放ったらかしに、非現実的で脈絡の薄い展開へと進んでいってしまい……正直肩透かしを喰らった気分です。中盤までは非常に良かったんですけどねぇ。

辛口評価(/10)
文体が少しだけ読み難い部分があったのも気になりました。

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
お隣の魔法使い 始まりは一つの呪文お隣の魔法使い 始まりは一つの呪文
著者 : 篠崎砂美
◆内容◆
 あたしはメアリー・フィールズ。ごくごく普通に暮らしている女の子。この世に説明できない不思議なんてあるはずがない、そう信じていた。そう、あの日ツクツクさんが引っ越しソバならぬ引っ越しパスタをもって、お隣に引っ越してくるまでは。一晩で模様替えする庭、空に還る思い出、姿を見せないメイドさん、旅好きなぬいぐるみ(?)ヘイゼルナッツさん等々、ツクツクさんのまわりはおかしなことでいっぱい。ちょっぴり不思議で、ちょっぴりロマンチック。そして最後にみんなが笑顔になれる。そんなステキな魔法使いと女の子の物語。さあ、開幕です。
◆感想◆
 あとがきにも書いているのですが、「大事件が起きるわけでもないし、世界存亡の危機も起こらない。単純にお茶を飲みながらお話をしているとちょっと不思議なことが起きるという。」お話しですんで、そういうのほほん本が好きな方でないと無理でしょう。
 自分としてはこういう“のほ本”自体は嫌いではないんですが、少し物語が浅すぎるといいましょうか、ハラハラドキドキもしないし、感動的シーンもなし、心情にも訴えてこない……単純に読みやすかったから最後まで読んだという感じです。ほのぼのした~~い!って時に読むにはもってこいの作品だとは思いましたが。

評価(/10)

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
ALL YOU NEED IS KILLALL YOU NEED IS KILL
著者 : 桜坂洋
◆内容◆
 敵弾が体を貫いた瞬間、キリヤ・ケイジは出撃前日に戻っていた。コトイウシと呼ばれる島の激戦区。寄せ集め部隊は敗北必至の激戦を繰り返す。出撃。戦死。出撃。戦死―死すら日常になる毎日。ループが百五十八回を数えたとき、煙たなびく戦場でケイジはひとりの女性と再会する…。絶望的な戦況を覆し、まだ見ぬ明日へ脱出することはできるのか。
◆感想◆
 ループ物やら時間を扱った作品は理系人間は嫌いかもしれない。時間を飛んだりする話しは矛盾がどうしたって出る。考え出すと切りが無く、それこそ思考のループを彷徨う。な・の・で、ループの仕組みはできるだけ考えず、素直なストーリーだけを評価します。
 ループする世界で自分を研くことによって初年兵の主人公が歴戦の戦士へと成長するという設定がまず面白かったです。文章もうまく、戦闘シーンも読ませます。キャラも和むキャラがいて、話し全体が重くなりすぎていない。
 ストーリー的に百回以上のループがあってこのページ数なので、少し淡々と進みすぎな感じが否めない。それぞれのキャラとの深い関りやらが薄いかも。ループという設定上、仕方ないのかもしれないけれど……。

評価(/10)
『スラム~』同様、この人の作品はゲーム化したら面白そうです。

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
スラムオンラインスラムオンライン
著者 : 桜坂洋
◆内容◆
 Aボタンをクリック。ぼくはテツオになる―現実への違和感を抱えた大学1年の坂上悦郎は、オンライン対戦格闘ゲーム“バーサス・タウン”のカラテ使い・テツオとして、最強の格闘家をめざしていた。大学で知りあった布美子との仲は進展せず、無敵と噂される辻斬りジャックの探索に明け暮れる日々。リアルとバーチャルの狭間で揺れる悦郎は、ついに最強の敵と対峙するが…。新鋭が描くポリゴンとテクスチャの青春小説。
◆感想◆
 設定が面白そうというだけで買ってみましたが、内容も結構面白かったです。主人公が恐ろしく強くなっていくのは読んでいて良い気分になれます。こういうMMOやりてえええ!ってなります。
 難点は、MMOの知り合いがリアル世界で現れまくるという、ちょっとあり得ない設定^^; まぁその辺は目を瞑るとしましょ~。

辛口評価(/10)

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
未確認尾行物体未確認尾行物体
著者 : 島田雅彦
◆内容◆
 産婦人科医・笹川賢一にとってルチアーノとの出会いが破滅の始まりだった。この執拗なおカマの尾行者のために、笹川氏の世界はハチャメチャな逆転をとげる。優雅な「上流社会」からの脱落、家庭崩壊、そしてエイズ。その中で笹川氏が得た真理と救済とは?エイズを通じて人間の生の深淵をえぐる問題作。
◆感想◆
 エイズについて、著者独特の奇抜な観点から捉えなおした小説。読んでいて思ったのは、「自分がエイズ宣告されたら、一体どう行動するだろう」という事。ルチアーノの常軌を逸した行動が、小説を読み進めるにつれ次第にその信念、思いが伝わってきて、最後には同情の念すら沸いてくる。エイズという観点から捉え直した新たな人間像、死生観……間違いなく著者の代表作であり、傑作です。

辛口評価(/10)

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
20060502200720.jpg推定少女
著者 : 桜庭一樹
◆内容◆
「あんまりがんばらずに、生きていきたいなぁ」巣篭カナは、そんな言葉を呟いてしまう15歳の少女。ある夜、家族とのトラブルから家出し、町のダストシュートで、とんでもないものを発見する。―それは、銃を握ったまま眠る全裸の少女だった!UFO出現と銃撃事件で大騒ぎの町を、眠りから覚めた少女“白雪”とカナは逃亡する。東京へ着いたふたりは火器戦士の千晴に出会い行動を共にするが、そこへ黒い謎の影が―!?
◆感想◆
 著者の作品で初めて手に取った作品。某アイドル?とは全く関係ありません。主人公が少女とか少年とか、そういう本は結構好きなのです。話しは現実離れした話しですが、等身大の心情描写が読ませます。まさにライトノベルでさくっと読める。が、ストーリー的にちょっと浅いです。特にラスト。消化不良感が否めません。

辛口評価(/10)
非現実の中のリアルな青春。評価は低めですが好きなんですよね。

FC2ブログランキング
にほんブログ村 本ブログへ ← 応援よろしく♪
最大100Mbpsの超高速インターネット

相互リンク+Blog+
Blogパワーでアクセスアップ!

通販の商品検索アラジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。